デキる大人は本を読む!本当の「本読み」になれる20の方法

読書記録ノートを作ろう

本を読んだら読書記録ノートを書いていこう。一冊ごとに一ページから二ページを使って、本のデータ、読了時期、本の概要、感想や考えたことを自由な形式で書いていく。より深い読書につながるし、あとから読み返せる財産になる。

「今月の棚」を用意しよう

月ごとなどに読破目標冊数を設定しておくと本も多く読み進んでいける。その目標を達成するために、また、自分の読み方のバランスを取ったり、やる気を後押しするために、その月に読もうとする本を、あらかじめ「今月の棚」に並べておくとよい。

ブログ、SNSで読書記録を公開

読書記録をブログやSNSで公開していく。そうした内容は読者もつきやすいので、自分の特色にすることができる。また、人に読んでもらう文章を書くことを念頭に本を読むと、理解力も高まる。

読書サイトに投稿しよう

インターネットには、自分の読書記録を残したり、本の感想を書き込んだり、それを読み合って交流したりできるサイトがある。そのようなサイトには本や読書を楽しむためのさまざまな機能がついている。

Previous Posts Next posts